ご訪問いただき、ありがとうございます。
 このブログは、パソコンスマートフォンなどの初心者・入門者のための操作方法やアドバイスなどを、随時書き上げていくものですわーい(嬉しい顔)
 もし、見て判らないことなどあったら、コメントを入れてください。
ご回答出来る場合は、ご回答させていただきます猫
 このブログが多少なりとも訪問された方の役に立てば幸いですぴかぴか(新しい)

2012年02月21日

【入門】インターネット接続のしくみ(後編)

今回は前回の続きです。

◆インターネットへの家の中の接続は?
 インターネットへの接続は、ISPとの契約によって貸与されたモデムやONU、CTUと呼ばれる装置を介して行います。この装置に対し、パソコンなどをLANケーブルを介して接続してユーザー設定することで、利用することが可能になります。家の中で複数の機器をつなぎたい場合は、ルーターと呼ばれる装置などを用います。

他にも、ブリッジやハブなどがあります。

個人でのお宅の場合、多いのが、有線LANルーターや無線LANルーターです。
下の図は無線LANルーターですが、接続機器を有線で繋いだり、無線で様々な機器を接続したりできます。
 図はパソコンをLANケーブルで繋ぐとともに、同時にスマートフォンやゲーム機などを無線LAN(Wi-Fi)で接続している様子です。
 ルーターというのは、簡単に言うと、ルートを切り替えるもので、複数の機器を自動的に回線を切り分けて使用出来るものです。
 インターネットへの接続は1回線を利用するので、何台LANに繋いでも、契約料金への影響はなく、定額制での契約であれば、料金は一定で利用できます。
(LANルータの機器仕様により、何台まで同時接続できるか異なります。)

スライド3.jpg
 インターネットを含むネットワーク全体のことを、WAN(Wide Are Network)と呼びます。
それに対し、局所的な接続のことをLAN(Local Area Network)と呼びます。
 LANは、会社などの内部だけのものとか、一般家庭でも、ルーターを設置するだけで、その中はLANということになります(図のローカルエリアの表記部分)。
 ネットワークなので、通信が可能です。一般の人はあまり使っていないかもしれませんが、図の中のLANの中での機器同士で、データのやり取りもできるということです。

ひらめきポイント
※モデム
 ADSL回線などで、データ信号を電話回線へ乗せたり、逆に電話回線の信号をデータ信号にしたりする装置。
※ONU(Optical Network Unit)
 光回線の終端装置で、光回線とパソコンなどの機器をつなぐもの。
※CTU(Customer Network Terminating Unit)
 光回線の終端装置。ONUとパソコンなどの間に設置される。

 皆さんのご理解に役立てば、幸いです。
posted by ひろ at 14:25| Comment(0) | インターネット
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。