ご訪問いただき、ありがとうございます。
 このブログは、パソコンスマートフォンなどの初心者・入門者のための操作方法やアドバイスなどを、随時書き上げていくものですわーい(嬉しい顔)
 もし、見て判らないことなどあったら、コメントを入れてください。
ご回答出来る場合は、ご回答させていただきます猫
 このブログが多少なりとも訪問された方の役に立てば幸いですぴかぴか(新しい)

2012年02月23日

【Wi-Fiって】無線LAN入門 〜ワイファイとは〜 その2

 前回は、Wi−Fiが何かを説明しました。
 Wi−Fiは無線LANとほぼ同義語で使われていると説明しました。
無線LANは文字通り、無線ですから、どこまで飛んでいるか、使っている人は、あまり実感していないかもしれません。昔アナログのコードレス電話の盗聴が問題になってデジタル化されたのをご存じの方もいるかと思います。その時使われた技術は、デジタル通信の暗号化です。
 同様に、無線LANでも盗聴の危険があります。あるいは、不正に侵入されて、回線を使われたり、LANに繋がっている機器のデータが盗まれる危険もあります。
 そこで、セキュリティ(暗号化)の設定が必要になってきます。

◆セキュリティ(暗号化)の設定
 無線LAN通信(Wi-Fi)においては、その暗号化の方式によって、WEPやWPA、WPA2といった名称が付けられています。
 最近の機種は、最初から、この暗号化の為の鍵(キー)が付けられているものが多く、機種によっては、本体のシールにキー(KEY)といった表現で記載されているものも多く見られます。
 このキーを繋げたい無線LAN(Wi-Fi)子機で、入力することで、親機と子機間で通信が可能となります。ちょうど、合言葉の様に使っている訳です。
 iPhoneなどのスマートフォンでWi-Fiを使う場合は、このキー入力が、以下の図の様に『パスワード』として要求されていたりします。用語が統一的に用いられないために、誤解などが起こりやすいので注意が必要です。
03_LANの無線化B.jpg


ひらめきヒント
※無線LAN子機
 無線LAN子機は、最近のスマートフォンや携帯電話機の一部、あるいはゲーム機やノートPCなどに最初から組み込まれていたりします。
 デスクトップパソコンの場合は、内蔵されていないものが多いのですが、USB接続タイプのものを後から付けることでも利用できます。


 Wi-Fiという言葉は、普及とともに、無線LANそのものを指すように用いられてきています。そのとらえ方でも問題はないのですが、詳しくお知りになりたい方は、無線LANを検索して調べるなどして下さい。
  まだまだ、難しい用語がたくさんある機器なので、説明が足りないのですが、皆様のご理解に役立てれば幸いです。

posted by ひろ at 11:19| Comment(0) | 無線LAN(Wi-Fi)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。